ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 記事 > 子供に合った放課後の過ごし方を!

子供に合った放課後の過ごし方を!

HN:みっちゃん

子供と放課後01

子供にとって放課後は、心身ともに成長できる大切な時間です。

個々に合った放課後の過ごし方をさせたいものですね。


子供の放課後の過ごし方についての体験談を見ていきましょう。

スポンサードリンク

子供の放課後の過ごし方に変化が!

子供の放課後の過ごし方も、今と昔では大きく変わったように感じます。

私が小学生の頃、放課後はカバンを放り出してすぐに友人の家に遊びに行ったり、公園などで外が暗くなるまで遊んでいました。


放課後の過ごし方は、私たち親の時代から更に変化があります。

放課後は習い事などで忙しく、友達と外遊びをする暇もないという小学生。

小学生の親になって発見したことの一つに「小学生は意外と時間がない!」ということがあります。

自分が小学生だった頃は、もう少し自由な時間が多かった気がします。


さらに驚くことが、遊び方がわからないこと。

どう友達を誘えばいいのか、分からない子どもたちが増えています。

土日2日間とも友達と遊べる場合でも、どちらか1日は自分の好きなことをして過ごす……我が息子もそんな感じです。

子供たちの1週間のスケジュールは?

子供と放課後02

友人から教えてもらった子供ものと、私の息子の放課後スケジュールをそれぞれ紹介したいと思います。

これを見ると、現代の子供たちの忙しさが分かります。

A君の場合
  • 月曜日:学習塾16:00~18:30
  • 火曜日:ソロバン塾16:30~17:30
  • 水曜日:友達と遊ぶ日
  • 木曜日:水泳17:00~18:00
  • 金曜日:英語塾17:00~18:30
息子の場合
        
  • 月曜日:書道16:00~18:00 ヒップホップダンス18:00~19:00
  • 火曜日:友だちと遊ぶ日
  • 水曜日:英会話16:00~16:50
  • 木曜日:書道16:00~18:00
  • 金曜日:ブレイクダンス16:30~17:30
Cさんの場合
        
  • 月曜日:バレエ17:00~19:00
  • 火曜日:公文
  • 水曜日:バレエ17:00~19:00
  • 木曜日:友だちと遊ぶ日
  • 金曜日:公文

と、このように様々です。


この3人だけでも、放課後に一緒に遊べるようにスケジュール調整するのは難しいです。

平日に友達と遊べる日が1日だけというのが、子供たちの忙しさを物語っていますね。

習い事や宿題で忙しい子供たち

子供と放課後03

息子やその友達のスケジュールを見ると分かるように、自宅学習以外にも、習い事などに放課後の時間を費やす小学生が増えています。

何かしらの習い事や学習塾に通っている子供が多いのです。

好きで習い事や学習塾に自ら通うのはいいですが、友達も通っているからという理由で周囲に合わせて通っているだけなら、きっぱり辞め、遊ぶ時間を優先させるべきだと個人的には思います。


小学生が宿題に費やす時間はだいたい30分で、そのほかの家庭学習は学年×10分が基本だと聞いています。

周囲に聞いてみると、学校の宿題以外にも、自主的に勉強している小学生が多いことが分かりました。


私たち大人が思う以上に、子供は習い事や勉強などで忙しい日々を送っているのです。

放課後の外遊びの大切さ

子供のスケジュールを見ても、確かに遊ぶ暇なんてないのかもしれません。


そんな中でも、私は子供に「今日はどんな日だった?」と毎日声をかけます。

すると、子供もたくさん話しをしてくれます。

放課後友達と過ごして泥だらけで帰ってきた日は「楽しかった?」と笑顔で出迎える、 泣きながら帰ってきた日は、子供が親に話しやすい環境を作るように心がけています。


私は、外で遊ぶことも大切な勉強だと思っていますし、放課後友達と遊ぶ約束をした日と習い事がもし重なってしまった時は、友達との約束をどう守るか、またはどう断れば相手を傷つけないかなどを考える力もつくでしょう。


息子も平日はいくつかの習い事で忙しくしていますが、習い事のない日に少し遠くの公園まで自転車で行くことも、ちょっとした冒険になっています。


放課後という自由な時間だからこそ、体験できることもあります。

子供が成長するための放課後の貴重な時間、優しく見守りながら個々に合わせた過ごし方をさせてあげしょう。

友達と遊べない自閉症の息子

子供と放課後05

私の息子は発達障害(自閉症スペクトラム)をもっています。

自閉症スペクトラムはコミュニケーション障害が一つの特徴と言われますが、息子も言葉がつたなく対人関係をうまく結ぶことができません。


普通の子供達は、幼稚園の頃から友達と約束をして、お互いの家に遊びに行ったりし始めるものです。

しかし息子は、みんなが遊んでいる中に混じって一緒に遊ぶことはできても、小学校の高学年になった今でも友達との1 対1の関係が作れずにいます。

小学校に上がった時から、「放課後はいったいどんな過ごし方をしたらいいのだろう…」と親の私も悩みました。

主治医のアドバイス

子供と放課後06

息子は発達障害という診断を受けてから、定期的に発達支援センターの主治医に診察してもらっています。


小学校に入学してしばらく経ったある日、主治医から放課後はどんな過ごし方をしているか尋ねられました。

まだ友達が作れずにいることを話すと、放課後等デイサービスの利用を勧められました。

少人数グループの中でスタッフの介入を受けて過ごすデイサービスも一つの居場所になるのではないか……というのが主治医からのアドバイスだったのです。

放課後等デイサービスとその他の習い事

子供と放課後07

主治医からのアドバイス通り、さっそく小学生向けの放課後等デイサービスについて調べてみました。

すると、市内でいくつか民間で放課後等デイサービスを行っているところがあり、次年度の4月に空きが出るのを待って通うことにしました。


現在は放課後の週一回、車で送迎してもらい、数人程度のグループに複数のスタッフが入る体制で、工作やクッキング、ウオーキング、買い物の練習などのプログラムに参加しています。

仲間と一緒に楽しい時間を過ごしているようです。


放課後等デイサービス以外にも何か習い事をさせようと考え、息子は幼稚園の頃からボールを蹴るのだけは得意だったため、年長の時にサッカー教室に入れました。

ところが、複雑なドリブル練習や試合にじきについていけなくなり、サッカー教室に行くことを泣いて嫌がるようになったので一年で辞めることに……。


その後、水が大好きだったので試しにスイミングクラブに入会させてみたのですが、こちらは今でも続いていて放課後に週一回通っています。

やはり不器用なので進級テストは亀の歩みになっているものの、水が好きですし、水泳は複雑なルールなどもない個人スポーツなので、それが息子にはよかったのかなと思います。

好きなことをして過ごす放課後

子供と放課後08

習い事も放課後デイサービスもない日は、宿題を終えると自転車で近所に電車を見に行ったり、図書館でアニメを見たりパソコンをしたりして過ごしています。

出かける時は必ず腕時計を持たせ、帰る時間を決めさせています。

一度、決めた時間に大幅に遅れた時があり、その時は「遅れたらおやつは無し」という約束を実行しました。

ずいぶん大泣きしましたが、それ以降は時間を守るようになりました。


放課後に友達と遊べないのが不憫だとずっと思っていましたが、主治医の先生にこう言われてハッとしました。


「本人自身はどうなのでしょう?無理やり友達と遊ぶ方がストレスになる子もいますからね」

友達がいなくてかわいそう……というのも親の思い込みだったのかもしれないと気づきました。

それからは、やっと学校から解放された放課後には、転自車が好き、電車を見るのが好きなど子供の「興味があること」や「やりたいこと」を危険のないようにさせてあげることで、親子ともにストレスがなくハッピーな放課後の過ごし方ができるのではないかと思うようになりました。


筆者情報 筆者「みっちゃん」
■みっちゃん

ADHDの子供を持つ母親です。苦労もありますが、楽しく育児をしています。



スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事
2017年11月の記事
幼稚園と保育園…発達障害児の場合  発達障害の子供と療育の大切さ 発達障害?我が子の言動にみる兆候
2017年10月の記事
訪問介護の仕事をして 福祉の仕事をしてきた私の体験談 介護福祉士の体験談 介護職の失敗談~相手の事を考える 介護職の失敗談~失敗からの学び
2017年9月の記事
特別児童扶養手当と発達障害児 障害児の就学~我が家の体験談 障害児の学校選び 子供に合った放課後の過ごし方を! 子供が放課後を楽しく過ごすには?
2017年7月の記事
手話を仕事に活かそう 手話の資格を取る方法 手話は英語だと違うの!?
2017年6月の記事
手話を学ぶ事にしたきっかけ 手話を覚える方法 手話をどこで学ぶ?【独学以外の方法】
2017年5月の記事
サイクリングで筋トレをしよう!  スポーツ吹き矢の健康効果とは 社交ダンスは認知症予防に効果的? 卓球が高齢者に与える効果
2017年4月の記事
ゲートボールは高齢者に大人気!  ウォーキングで健康に! 体操で介護予防を! フラダンスがエクササイズになる!? ボウリングは健康づくりに最適
2017年3月の記事
健康づくり のためのボランティア 高齢者福祉施設への慰問 児童養護施設への慰問 手話のボランティアでスキルアップ! 盲導犬のパピーウォーカーを経験して
2017年2月の記事
ノートテイクで聴覚障害の学生を支援! パソコン を使った点訳のボランティア 病院ボランティア で子供と遊んでみて 高齢者 の見守りボランティアの体験 子供 の学習支援のボランティア
2017年1月の記事
ケアマネージャーは苦労が沢山! ホームヘルパー としての注意点とは? ホームヘルパーの資格を取った方法 介護福祉士 としての酷い失敗談 ケアマネージャー として反省した失敗談
2016年12月の記事
介護 の仕事に就くきっかけをくれた母 療育 に携わりたいと思う理由 介護福祉士 の仕事で求めるやりがい 介護福祉士 は苦労が多く報われない ケアマネージャー として働く魅力とは?
2016年11月の記事
パーキンソン病の発症から介護認定まで 福祉用具は生活に欠かせないもの 義足 だった義父の生活 車椅子 を使う私が一番欲しい福祉用具
2016年10月の記事
介護の相談は介護のプロに! 実母の介護は自分との格闘 介護のストレスを解消するための準備
2016年9月の記事
大変だった息子の小学校生活 ADHDの女子高生の日常生活 通学路と消耗品
2016年8月の記事
発達障害ママの日常 何か違う…気づいた次男の異変 発達障害と共に~それは自分探しの旅 アスペルガー症候群と知ってから
2016年7月の記事
私と母と、生活保護費の受給 生活保護を受けた祖母 
2016年6月の記事
交通事故で変わった生活と物の見方 車椅子での外出で思うこと 松葉杖での長期生活で感じた事 都内の大病院でのトイレ体験
2016年5月の記事
母子父子寡婦福祉資金貸付で高校入学 ヘルパーさんのサポートを得て ひとり親家庭等医療費助成を利用して
2016年4月の記事
私の健康法はウォーキング! 散歩と油絵などの趣味 定年退職後の新生活 
2016年3月の記事
知的障害者施設での作業ボランティア 児童養護施設での遊びのボランティア 地域での介護指導 特別養護老人ホームでのボランティア
2016年2月の記事
重度発達障害の次男との生活 自閉症児育児は山あり谷あり
2016年1月の記事
私が介護の仕事を始めるまで 介護の仕事から感じたこと
2015年12月の記事
ボランティアで子供を支援! わたしのボランティア活動 傾聴ボランティアを始めて
2015年11月の記事
精神障害者手帳の入手 試して体によかったこと うつ病と散歩 統合失調症から学んだこと
2015年10月の記事
双極性障害と訪問看護師の力 躁うつ病発覚から復帰に向けて 急増中!管理職の“鬱病” 強迫性障害から脱出して得た身軽さ 過労からうつ病になった体験
2015年9月の記事
うつ病の体験 気付けなかったパニック障害 うつ病を経験して 不安神経症から教わったこと
2015年8月の記事
双極性障害を発症して うつの発症から好転まで うつ病と障害者手帳
2015年7月の記事
買い物時の何気ない苦労 道のバリアフリー 初めての一人旅 身近に潜むバリア
2015年6月の記事
子連れでの買い物1 子連れでの買い物2
2015年5月の記事
てんかんと運転免許~前編~ 人生の価値を高める職業 てんかんと運連免許~後編~ 年金受給で残る将来への不安 初めての電動車椅子と青春 衝撃!夜勤中に起きた出来事 ヘルパーの資格を取得~前編~ ヘルパーの資格を取得~後編~ 後見人の苦労話
2015年4月の記事
介護保険を活用しよう 膠原病との戦いの始まり 介護サービスを受けるという事 おしゃれな杖で出掛けよう♪ 災害時の障害者対応
2015年3月の記事
老老介護の負担を軽く 介護施設について思うこと 刺激になったショートステイ
2015年2月の記事
自立に向けて 問題点だらけの生活保護 祖母と孫と生活保護 生活保護受給までの道のり 生活保護受給で楽になったこと 祖母の一人暮らし 期間限定!生活保護受給
2015年1月の記事
安心して働ける工夫 放課後、どう過ごさせる? 我が家の子供たち三人の日常 沢山の支えがあって 「小1の壁」を乗り切ろう 両親の協力を得て