ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 記事 > 手話を学ぶ事にしたきっかけ

手話を学ぶ事にしたきっかけ

HN:なぎさ

手話を学ぶきっかけ01

手話の存在自体を知っている人は多いはずです。


テレビなどでもたまに見かけることがありますので、私も漠然とどんなものなのかは理解していました。


ただ、自分でやろうと思ったことはありませんでした。


そんな私が手話を学ぶことになろうとは……

スポンサードリンク

手話との出会いは突然やってきた!

あることをきっかけに、手話の習得トライしてみようと思うようになりました。


それは、職場に入ってきた新人社員との出会いがきっかけでした。


その新人社員との出会いが、手話との出会いでもあったのです。


というのも、新人社員のSさんは子供の頃に聴覚の病気を患ったことが原因で、言葉を聞き取れず、自らも上手く発音できないという問題を抱えていました。


筆談は問題なくできるため、コミュニケーションの面では不便はなく、仕事も本人の努力もあってスムーズにできていました。


パソコンや携帯電話などを使ってコミュニケーションをとっていたので、心配をするほど大変なことはないように当初は感じていました。


しかしながら、どうしてもお互いにレスポンスに時間を要してしまうこともありました。


どうにかしてもっとスムーズにやりとりができないかと考えた末、思い立ったのが手話を学ぶことだったのです。

手話を学び始めて

手話を学ぶきっかけ02

Sさんとはパソコンや携帯電話の使用以外にも、ボディランゲージでやりとりをすることもあり、言葉が通じていなくても会話ができている気持ちになれました。


もっとこんな風に会話ができたら良いのにと考えた時に、ふと手話を覚えるのが手っ取り早いと感じたわけです。


ただ、テレビなどでしか手話を見たことがなかったですし、きちんと覚えることができるのか不安でした。


ところが、やってみると意外と楽しいことが分かったのです。


「この手の動きにはこんな意味があるのか」


「こうやって組み合わせると文章になるのか」


など、それまで知らなかった新しい世界に足を生み入れた気分でした。


もちろん手話を学ぶことは簡単ではありませんでしたが、少しずつスムーズに手の動作ができるようになった時には単純に嬉しかったことを覚えています。

Sさんが私の講師役に!

手話を学ぶきっかけ03

私が手話を学ぶことで、Sさんが喜んでくれたことも励みになりました。


もちろん手話は、Sさんにとって大切なコミュニケーションツールの一つ。


巧みに指や手を使って表現してきます。


手話に関してはSさんが私の先輩ですので、本当に沢山のことを教わりました。


そのお陰で、それほど不便なくコミュニケーションがとれるようになっていきました。


最初は業務を円滑にこなしたり、意思の疎通が気持ち良くできたら良いなと単純にそう思って学び始めた手話ですが、実際に学んでみて目的以上の収穫があったと実感しています。


Sさんと心と心のやりとりが本当の意味でできているという気持ちが生まれて、言葉がなくても手話という『言葉』を使い、通じ合えるのだということを学ばせてもらいました。

聴覚障害者は皆、手話を使える?

手話を学ぶきっかけ04

私が手話を学ぶきっかけになったSさんは巧みに手話を使いこなしてしますが、すべての聴覚障害者が手話を使うわけではありません。


先天性の聴覚障害を持っている人やSさんのように幼い頃に聴覚障害を負ってしまった人にとって、手話はとても重要なコミュニケーションツールの一つと言えるでしょう。


ただ一口に聴覚障害者と言っても、手話がまったくわからない人もいれば、手話は理解できるけれど日常的にはあまり使いたくないと思っている人など様々です。


そのため、聴覚障害を持つ人と会話するときは、その人が使うコミュニケーションツールに合わせるようにしましょう。


もし聴覚障害を持つ人は手話を使っているけれど、自分は手話があまりわからない場合は筆談をお願いするなど、お互いがスムーズに意思疎通できるような工夫も必要です。

手話の種類

手話を学ぶきっかけ05

手話には種類があり、大きく『日本手話』と『日本語対応手話』、『中間手話』に分けられます。


それぞれ、どのような手話なのか見ていきましょう。


また、これらの手話以外に、ホームサインというものもあります。


いわゆる『ジェスチャー(身振り手振り)』のことで、手話を習得していない聴覚障害者が身近な人のみとのコミュニケーションに使います。


手話と違い、単語数が少なく文法もありません。


現在、ホームサインは、幼いことから農村部に住んでいたことなどを理由に聾学校に通えず、手話を習得していない高齢者に使われるのみとなっています。

日本手話

一般的に聾学校で学んだ人は、日本手話を使うことが多いです。


この日本手話には独自の文法があるため、健聴者が学ぶのは少し難しいかもしれません。


日本語とは語順が違い、手の形や位置、動き以外に肩の向き、顔の表情、うなずき、眉や口の動きなど、細かいところにも文法的な意味があります。


日本手話は、聴覚障害を持つ人に長い間使われてきた言語なのです。


その点からも、日本手話は聴覚障害者にとっての母語と考えられています。

日本語対応手話

一方で日本語対応手話は、大人になってから聴覚に何らかの障害を負った人や健聴者が手話を学ぼうとするときなどに多く使われます。


日本手話が独自の文法を持っているのに対し、日本語対応手話は日本語の語順に沿って手話の単語を当てはめていくだけなので、途中で聴覚障害を負った人や健聴者でも比較的覚えやすいタイプの手話です。


中途失聴者や難聴者などは、コミュニケーションツールの一つとして早急に手話が必要になるため、上達するまで待つなどと悠長なことは言っていられません。


そのため、覚えやすい日本語対応手話を使うケースが多いのです。

中間手話

そしてもう一つ、中間手話というものがあります。


中間手話はその名の通り、日本手話と日本語対応手話の中間的な存在です。


語順は日本語に沿っているため日本語対応手話同様ですが、手話の表現方法や空間の使い方などは、日本手話の特徴が取り入れられています。


このように、視覚的に理解しにくいと言われる日本語対応手話の欠点を日本手話で補うことができるように工夫されたもので、聴覚障害者が健聴者と会話する際に使うほか、中途失聴者や難聴者にも使われています。


中間手話は、日本語対応手話に含まれることも多いです。

手話には唇の動きや表情も不可欠

手話を学ぶきっかけ06

手話は手や指の動きだけで、表現しているのではありません。


手話をする際には、唇の動きや表情も併せて気持ちなどを表現します。


もし友達と遊んで「昨日は楽しかった」と手話で伝えても、その時に楽しそうな表情をしていなければ、相手に自分の思いが充分には伝わらないでしょう。


ですから、手話をする際には、特に表情が重要な要素になります。


手話を使う聴覚障害者の多くが表情豊かなのには、こういった理由があったのですね。


表情と並び、唇の動きも重要です。


相手が使っている手話の意味が分からない場合でも、唇の動きで何を言っているのか分かることも少なくありません。


手話を使う人の中には、手指を動かすと同時に唇を動かす人もいれば、動かさない人もいます。


ただ、健聴者が手話を勉強する際には、唇も一緒に動かすことを覚えましょう。

読み取る側は日本語力も必要

手話を使いながらの会話では、手・指の動きや唇の動き、表情以外に、手話を読み取る側の日本語力も必要です。


例えば、「良い」という言葉にしても、手話の動作は一つですが、その意味は「良いです」という場合もあれば、「良いですか?」という場合もあります。


どちらの意味になるのかは、読み取る側の日本語力にかかっています。


手話を正しく読み取るための手助けになるのは、それまでの話の流れを正しく理解することに加えて、もちろん相手の唇の動きや表情などです。


意味を理解しながら正しく内容を読み取れるようになると、自分で手話を使う際にもスムーズな言葉選びができるようになるでしょう。


筆者情報 筆者「なぎさ」
■なぎさ

今までまったく知らなかった手話の世界。
手話を使って、通じ合えることの嬉しさを感じています。



スポンサードリンク
スポンサードリンク
記事
2017年10月の記事
訪問介護の仕事をして 福祉の仕事をしてきた私の体験談 介護福祉士の体験談 介護職の失敗談~相手の事を考える 介護職の失敗談~失敗からの学び
2017年9月の記事
特別児童扶養手当と発達障害児 障害児の就学~我が家の体験談 障害児の学校選び 子供に合った放課後の過ごし方を! 子供が放課後を楽しく過ごすには?
2017年7月の記事
手話を仕事に活かそう 手話の資格を取る方法 手話は英語だと違うの!?
2017年6月の記事
手話を学ぶ事にしたきっかけ 手話を覚える方法 手話をどこで学ぶ?【独学以外の方法】
2017年5月の記事
サイクリングで筋トレをしよう!  スポーツ吹き矢の健康効果とは 社交ダンスは認知症予防に効果的? 卓球が高齢者に与える効果
2017年4月の記事
ゲートボールは高齢者に大人気!  ウォーキングで健康に! 体操で介護予防を! フラダンスがエクササイズになる!? ボウリングは健康づくりに最適
2017年3月の記事
健康づくり のためのボランティア 高齢者福祉施設への慰問 児童養護施設への慰問 手話のボランティアでスキルアップ! 盲導犬のパピーウォーカーを経験して
2017年2月の記事
ノートテイクで聴覚障害の学生を支援! パソコン を使った点訳のボランティア 病院ボランティア で子供と遊んでみて 高齢者 の見守りボランティアの体験 子供 の学習支援のボランティア
2017年1月の記事
ケアマネージャーは苦労が沢山! ホームヘルパー としての注意点とは? ホームヘルパーの資格を取った方法 介護福祉士 としての酷い失敗談 ケアマネージャー として反省した失敗談
2016年12月の記事
介護 の仕事に就くきっかけをくれた母 療育 に携わりたいと思う理由 介護福祉士 の仕事で求めるやりがい 介護福祉士 は苦労が多く報われない ケアマネージャー として働く魅力とは?
2016年11月の記事
パーキンソン病の発症から介護認定まで 福祉用具は生活に欠かせないもの 義足 だった義父の生活 車椅子 を使う私が一番欲しい福祉用具
2016年10月の記事
介護の相談は介護のプロに! 実母の介護は自分との格闘 介護のストレスを解消するための準備
2016年9月の記事
大変だった息子の小学校生活 ADHDの女子高生の日常生活 通学路と消耗品
2016年8月の記事
発達障害ママの日常 何か違う…気づいた次男の異変 発達障害と共に~それは自分探しの旅 アスペルガー症候群と知ってから
2016年7月の記事
私と母と、生活保護費の受給 生活保護を受けた祖母 
2016年6月の記事
交通事故で変わった生活と物の見方 車椅子での外出で思うこと 松葉杖での長期生活で感じた事 都内の大病院でのトイレ体験
2016年5月の記事
母子父子寡婦福祉資金貸付で高校入学 ヘルパーさんのサポートを得て ひとり親家庭等医療費助成を利用して
2016年4月の記事
私の健康法はウォーキング! 散歩と油絵などの趣味 定年退職後の新生活 
2016年3月の記事
知的障害者施設での作業ボランティア 児童養護施設での遊びのボランティア 地域での介護指導 特別養護老人ホームでのボランティア
2016年2月の記事
重度発達障害の次男との生活 自閉症児育児は山あり谷あり
2016年1月の記事
私が介護の仕事を始めるまで 介護の仕事から感じたこと
2015年12月の記事
ボランティアで子供を支援! わたしのボランティア活動 傾聴ボランティアを始めて
2015年11月の記事
精神障害者手帳の入手 試して体によかったこと うつ病と散歩 統合失調症から学んだこと
2015年10月の記事
双極性障害と訪問看護師の力 躁うつ病発覚から復帰に向けて 急増中!管理職の“鬱病” 強迫性障害から脱出して得た身軽さ 過労からうつ病になった体験
2015年9月の記事
うつ病の体験 気付けなかったパニック障害 うつ病を経験して 不安神経症から教わったこと
2015年8月の記事
双極性障害を発症して うつの発症から好転まで うつ病と障害者手帳
2015年7月の記事
買い物時の何気ない苦労 道のバリアフリー 初めての一人旅 身近に潜むバリア
2015年6月の記事
子連れでの買い物1 子連れでの買い物2
2015年5月の記事
てんかんと運転免許~前編~ 人生の価値を高める職業 てんかんと運連免許~後編~ 年金受給で残る将来への不安 初めての電動車椅子と青春 衝撃!夜勤中に起きた出来事 ヘルパーの資格を取得~前編~ ヘルパーの資格を取得~後編~ 後見人の苦労話
2015年4月の記事
介護保険を活用しよう 膠原病との戦いの始まり 介護サービスを受けるという事 おしゃれな杖で出掛けよう♪ 災害時の障害者対応
2015年3月の記事
老老介護の負担を軽く 介護施設について思うこと 刺激になったショートステイ
2015年2月の記事
自立に向けて 問題点だらけの生活保護 祖母と孫と生活保護 生活保護受給までの道のり 生活保護受給で楽になったこと 祖母の一人暮らし 期間限定!生活保護受給
2015年1月の記事
安心して働ける工夫 放課後、どう過ごさせる? 我が家の子供たち三人の日常 沢山の支えがあって 「小1の壁」を乗り切ろう 両親の協力を得て