ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 記事 > 福祉の仕事をしてきた私の体験談

福祉の仕事をしてきた私の体験談

HN:スマイル

福祉の仕事01

福祉の業界で様々な仕事をしてきた私。 

働く場所が変われば、患者さんや利用者さんなどとの関わり方も少しずつ変わってきます。

スポンサードリンク

福祉の仕事1:病院のリハビリテーション科で

福祉の仕事にいくつか携わってきた私ですが、病院のリハビリテーション科で作業療法士として働いたことも、その一つです。


作業療法士には医師から、内科疾患や呼吸器疾患、神経内科疾患、精神疾患、小児疾患などの患者さんの処方箋がきます。

患者さんそれぞれの疾患が異なるのはもちろん、年齢や性別、性格、生活してきた環境も違います。


多くの患者さんは、「自宅に戻りたい」という気持ちで毎日リハビリに励んでいます。

中には、退院後に福祉施設に入所される人や、福祉施設に入所中に体調を崩して入院したため、再び福祉施設へ戻ることを目標としている人もいます。

私が感じた作業療法士の仕事の魅力

福祉の仕事02

福祉の仕事にも色々ありますが、作業療法士の仕事の最大の魅力は、患者さんの「これが出来るようになりたい」という目標を一緒に目指し、その目標が達成できたときには喜び合えることです。

「もう一度歩けるようになって、孫と散歩に行きたい」

「家族にまた手料理を作ってあげられるように、手の動きを良くしたい」

等……リハビリをすることで達成したい目標は個々で違います。

私は作業療法士として、その目標を一つずつ達成するためにどの訓練が適しているかを悩み、考えながら患者さんと時間を共にしました。


疾患により身体機能が低下した患者さんは、すぐには思うように良くなりません。

いつになったら良くなるのだろうかと不安を感じながらリハビリをしている人も多くいます。

その不安と向き合いながら仕事をする私も、悩みは尽きません。


しかし、目標に近づいたり、達成したときに患者さんの笑顔が見られると、とても嬉しくなりますし、共に喜び合えたときには仕事の魅力を感じ、やりがいにも繋がりました。

家族にも寄り添いながら……

福祉の仕事03

高齢社会に伴い、病院は常に高齢者の患者さんが多く、空きベッドがないという状況も多く見られます。

例えば、自分の親が病気や障害を抱えてしまった場合に、家族が抱える不安は「はたして面倒を見ていけるのかどうか」ということです。


障害を抱えながらも、どのようにしたら服の脱ぎ着や入浴などの日常生活動作をスムーズにできるのかを患者さん本人に分かりやすく説明するように心がけていました。

さらに、本人だけではなく、家族の方の不安を取り除くために、介助・介護方法を丁寧に指導することも大切です。

福祉の仕事2:介護老人保健施設で

福祉の仕事04

福祉の仕事と言えば、介護老人保健施設で3年間働いていたこともあります。


病院とは作業療法士としての関わり方が違うのはもちろん、その他にも介護老人保健施設ならではの経験をしました。


介護老人保健施設に入所している利用者さんの多くは、要介護3以上の高齢者が多いです。

排泄や入浴動作に介助を必要とする利用者さんが多いため、それぞれの症状に合わせて筋力増強や立位保持のバランスの能力を高める等のリハビリ目標を設定し、それに合わせたリハビリの仕事をします。


病院に比べて、介護老人保健施設ではリハビリの時間が極端に短く、1回20分を週2~3回行うことがほとんどです。

高齢者の方は筋力が低下しやすく、筋力が付きにくいという特徴があります。

そのため、リハビリの時間だけ運動を頑張っても、身体機能を向上させることは難しく、身体機能を維持する程度までしかできません。

日常生活自体がリハビリに!

福祉の仕事05

リハビリの時間が少ない介護老人保健施設では、日常生活の様々な動作自体がリハビリになるような工夫がなされています。


そのような工夫のことを「生活リハビリ」と言います。

生活リハビリでは、食事・排泄・更衣・整容・入浴動作など自力でできることは利用者さん自身にやってもらい、手伝いすぎないことが大切です。

どうしても一人でできない難しい部分だけを手伝うようにします。


そうすることで、身体を動かす時間が増え、生活自体が運動の機会・リハビリの機会となるのです。

作業療法士である私も看護師や介護士と共に、利用者さんの身体状態に合わせた生活リハビリを考えながら仕事をしていました。

利用者にお手伝いをお願いする

福祉の仕事06

一見、職員が行うような作業を利用者にお手伝いをお願いすることも、介護老人保健施設の特徴と言えます。

主にタオルたたみや昼食の配膳、植木の水やりなどの簡単なお手伝いですが、これも生活リハビリの一環です。


利用者の中には、「介護をしてもらって迷惑をかけていないかな」と感じている人も多く見られます。

しかし、職員のお手伝いを通して「ありがとう」と言われると、誰かの役に立てたと嬉しくなるという声をよく耳にしました。


福祉の分野では、高齢化に伴い、身体機能を維持するための生活リハビリに注目が集まっています。

福祉の仕事3:訪問看護ステーションで

福祉の仕事07

高齢化に伴い、病院へ長い期間入院することが出来なくなり、福祉施設への入所待ちの高齢者の数も2桁以上となっています。

病院を退院しなければならないけれど、福祉施設へは入れないという介護を必要としている高齢者は、自宅へ戻るしかありません。


そんな中、自宅でも安心して過ごせるようにという目的で、訪問看護ステーションを利用する人が増えています。


自宅で生活している高齢者は、障害を抱えている場合も多く見られます。

そのような高齢者の在宅生活を少しでも負担の少ないものにすることが、訪問介護ステーションで働く者の役割です。


訪問看護ステーションでの仕事も、リハビリを通して利用者の身体機能の維持・向上を目指しました。

様々な福祉サービスがある中で、作業療法士の私は主に福祉用具と住宅改修に携わりました。

現在の身体状態でどの福祉用具が適しているのか、福祉用具で対処できない場合は住宅改修の検討などを行います。

気持ちに寄り添うことが大切

福祉の仕事08

在宅で生活している高齢者だからこそ、生活スタイルに合ったアプローチをしなければなりません。


「春になったら桜を見に行きたい」「孫の運動会を見に行きたい」等、様々な気持ちを聞きます。

福祉の専門職としての立場から「腕の力が低下してきたからそこを改善したい」と考えていたとしても、時にはその方の気持ちに寄り添うようにしています。


「桜を見に行けるように、車椅子に長く座れるだけの体力をつけよう」

「孫の運動会に行けるよう、長く歩けるようにリハビリをしよう」


等と目標を一時的に変更することも必要になるでしょう。


自分の気持ちに寄り添ってくれていると利用者自身が感じることは、その方の意欲の向上や私たちリハビリ専門職への信頼感に繋がります。

 

家族の介護負担を考えて

福祉の仕事09

訪問看護ステーションを利用している高齢者は、介護を要している場合が多く、ふとした転倒や加齢により、身体機能も低下しやすい状況にあります。


どの福祉施設で働く場合も、介護者の方のサポートも忘れてはいけません。

現在の家族の介護負担はどの程度なのか、具体的にどのような介護に負担が大きいと感じているのか等に目を向けることを私自身、とても大切にしていました。

高齢者が在宅で長く生活するためには、介護者の身体的・精神的負担を増加させないことが重要なポイントなのです。


介護負担を軽減するための福祉用具もたくさんあります。

高齢者の介護をして介護者が腰などを痛めないように、福祉用具を上手に利用しながら介護する方法をアドバイスすることも。


その結果、介護を受ける方だけでなく、介護の負担が軽くなった家族の方にも笑顔が多く見られるようになった時、福祉の仕事に携わる者として、とても嬉しく思い、やりがいも感じます。


筆者情報 筆者「スマイル」
■スマイル

作業療法士としてのやりがいを感じながら働いています。



スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事
2017年11月の記事
幼稚園と保育園…発達障害児の場合  発達障害の子供と療育の大切さ 発達障害?我が子の言動にみる兆候
2017年10月の記事
訪問介護の仕事をして 福祉の仕事をしてきた私の体験談 介護福祉士の体験談 介護職の失敗談~相手の事を考える 介護職の失敗談~失敗からの学び
2017年9月の記事
特別児童扶養手当と発達障害児 障害児の就学~我が家の体験談 障害児の学校選び 子供に合った放課後の過ごし方を! 子供が放課後を楽しく過ごすには?
2017年7月の記事
手話を仕事に活かそう 手話の資格を取る方法 手話は英語だと違うの!?
2017年6月の記事
手話を学ぶ事にしたきっかけ 手話を覚える方法 手話をどこで学ぶ?【独学以外の方法】
2017年5月の記事
サイクリングで筋トレをしよう!  スポーツ吹き矢の健康効果とは 社交ダンスは認知症予防に効果的? 卓球が高齢者に与える効果
2017年4月の記事
ゲートボールは高齢者に大人気!  ウォーキングで健康に! 体操で介護予防を! フラダンスがエクササイズになる!? ボウリングは健康づくりに最適
2017年3月の記事
健康づくり のためのボランティア 高齢者福祉施設への慰問 児童養護施設への慰問 手話のボランティアでスキルアップ! 盲導犬のパピーウォーカーを経験して
2017年2月の記事
ノートテイクで聴覚障害の学生を支援! パソコン を使った点訳のボランティア 病院ボランティア で子供と遊んでみて 高齢者 の見守りボランティアの体験 子供 の学習支援のボランティア
2017年1月の記事
ケアマネージャーは苦労が沢山! ホームヘルパー としての注意点とは? ホームヘルパーの資格を取った方法 介護福祉士 としての酷い失敗談 ケアマネージャー として反省した失敗談
2016年12月の記事
介護 の仕事に就くきっかけをくれた母 療育 に携わりたいと思う理由 介護福祉士 の仕事で求めるやりがい 介護福祉士 は苦労が多く報われない ケアマネージャー として働く魅力とは?
2016年11月の記事
パーキンソン病の発症から介護認定まで 福祉用具は生活に欠かせないもの 義足 だった義父の生活 車椅子 を使う私が一番欲しい福祉用具
2016年10月の記事
介護の相談は介護のプロに! 実母の介護は自分との格闘 介護のストレスを解消するための準備
2016年9月の記事
大変だった息子の小学校生活 ADHDの女子高生の日常生活 通学路と消耗品
2016年8月の記事
発達障害ママの日常 何か違う…気づいた次男の異変 発達障害と共に~それは自分探しの旅 アスペルガー症候群と知ってから
2016年7月の記事
私と母と、生活保護費の受給 生活保護を受けた祖母 
2016年6月の記事
交通事故で変わった生活と物の見方 車椅子での外出で思うこと 松葉杖での長期生活で感じた事 都内の大病院でのトイレ体験
2016年5月の記事
母子父子寡婦福祉資金貸付で高校入学 ヘルパーさんのサポートを得て ひとり親家庭等医療費助成を利用して
2016年4月の記事
私の健康法はウォーキング! 散歩と油絵などの趣味 定年退職後の新生活 
2016年3月の記事
知的障害者施設での作業ボランティア 児童養護施設での遊びのボランティア 地域での介護指導 特別養護老人ホームでのボランティア
2016年2月の記事
重度発達障害の次男との生活 自閉症児育児は山あり谷あり
2016年1月の記事
私が介護の仕事を始めるまで 介護の仕事から感じたこと
2015年12月の記事
ボランティアで子供を支援! わたしのボランティア活動 傾聴ボランティアを始めて
2015年11月の記事
精神障害者手帳の入手 試して体によかったこと うつ病と散歩 統合失調症から学んだこと
2015年10月の記事
双極性障害と訪問看護師の力 躁うつ病発覚から復帰に向けて 急増中!管理職の“鬱病” 強迫性障害から脱出して得た身軽さ 過労からうつ病になった体験
2015年9月の記事
うつ病の体験 気付けなかったパニック障害 うつ病を経験して 不安神経症から教わったこと
2015年8月の記事
双極性障害を発症して うつの発症から好転まで うつ病と障害者手帳
2015年7月の記事
買い物時の何気ない苦労 道のバリアフリー 初めての一人旅 身近に潜むバリア
2015年6月の記事
子連れでの買い物1 子連れでの買い物2
2015年5月の記事
てんかんと運転免許~前編~ 人生の価値を高める職業 てんかんと運連免許~後編~ 年金受給で残る将来への不安 初めての電動車椅子と青春 衝撃!夜勤中に起きた出来事 ヘルパーの資格を取得~前編~ ヘルパーの資格を取得~後編~ 後見人の苦労話
2015年4月の記事
介護保険を活用しよう 膠原病との戦いの始まり 介護サービスを受けるという事 おしゃれな杖で出掛けよう♪ 災害時の障害者対応
2015年3月の記事
老老介護の負担を軽く 介護施設について思うこと 刺激になったショートステイ
2015年2月の記事
自立に向けて 問題点だらけの生活保護 祖母と孫と生活保護 生活保護受給までの道のり 生活保護受給で楽になったこと 祖母の一人暮らし 期間限定!生活保護受給
2015年1月の記事
安心して働ける工夫 放課後、どう過ごさせる? 我が家の子供たち三人の日常 沢山の支えがあって 「小1の壁」を乗り切ろう 両親の協力を得て