ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 記事 > アスペルガー症候群と知ってから

アスペルガー症候群と知ってから

HN:dub_dub_step

数字

幼少期より周りの子と馴染めず、他の子とズレてるんじゃないかな、と悩んでいました。




小中学生ではからかいの対象となり、高校は自分の居場所を見いだせず中退し、20代前半までは自分が何者なのかわからぬまま迷走していました。




ある精神科医の先生にアスペルガー症候群と診断していただいてから、心のなかの霧が晴れていきました。




今回は、私がアスペルガー症候群と診断される前と後の自分の受け止め方をお話しさせていただきます。

スポンサードリンク

20から先が数えられない

自分と周りのズレを感じ始めたのは、幼稚園でクラスの皆と大声で数を数え合っていた時でした。




皆と一緒に「1!2!3!」と周りに負けない声を張り上げていたのですが、数が20以降になった途端声が出なくなりました。




それまで20までしか数えたことがなかったので、なんと言ったらいいのか分からなかったのです。




皆が「21!22!23!……」と、元気よく数えている様子がとても不思議に見えました。




今考えると、「20までしか数えたことがない」から「20から先に興味がなかった」のだと思います。




アスペルガー症候群はこだわりが強いのが特徴的で、中には興味の無いことは全くしない人もいます。




私の場合、物を数える時もお風呂でカウントするときも20から先を数えたことがなかったため、必要ないからと放っておいてしまったのです。




皆ができることをできない私は変な奴と認識されて、小中学校はからかいの対象にされました。




その頃から集団生活の辛さや生きにくさを感じ、自ら命を絶つことを考えるようになっていき……

自分って何者なんだ……?

希望の光

高校に進学した後も、自分のこの先の目標が見いだせず2年生の時に中退し、ニートとして2年半自宅で引きこもっていました。




その時から生きる意味を見失い、19歳の夏に命を絶とうとしてしまいました。




幸い一命を取り留め後遺症もありませんでしたが、家族に「引きこもり生活で心が壊れたのでは」と酷く心配をかけてしまいました。




そこからアルバイト、定時制高校、正社員として社会復帰と生きる道を探してきたものの、癇癪を起こして問題を起こしたり、周りの作業ペースについていけず退社するなど安定した生活はできませんでした。




「もしかして、自分は社会に出ちゃいけない人間なのか?」




そう本気で考えていた時に、ある精神科医の先生にお会いしました。

自己理解と客観視

精神障害者手帳

その先生は、大人の発達障害を専門に診ておられる方でした。




私の苦しかったことや悩んでいたことを汲み取って、親身に話を聴いて下さいました。




問診や知能テストを経て、2011年の7月にアスペルガー症候群と診断され、精神障害者手帳を受給されました。




「単語としては聞いたことがあるけれど、どんな症状があるのだろう?」とインターネットで調べ始めました。




すると「スケジュール管理や作業手順の整理が苦手なので、やるべきことの優先順位を決めておく」、「一度に複数のことをこなすのが難しいので、順を追ってもらうように伝える」などの対処方法も知ることができました。




これまで自分自身とどう向き合えばいいのかわからずモヤモヤした状態から、対処方法を知り人生の指針が見えてきて、本当に気持ちが楽になりました。

前を向いて……

トレイを持つ男性

現在は就労移行施設でカフェの運営を手伝いながら、私の特性をプラスに生かせる場所での社会復帰を目指しています。




今はマイナスの特性が出てきたり困ったことが起きても、「自分は今こんな状態なのです」と落ち着いて周りに話して対処できるようになりました。




下向きしか見えなかった自分が、今前を向けるなんて本当に嬉しいです。


筆者情報 筆者「dub_dub_step」
■dub_dub_step

2011年7月にアスペルガー症候群と診断されました。
真夏の気温で気持ちが乱れぬよう、気を付けて生活しています。



スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事
2017年11月の記事
幼稚園と保育園…発達障害児の場合  発達障害の子供と療育の大切さ 発達障害?我が子の言動にみる兆候
2017年10月の記事
訪問介護の仕事をして 福祉の仕事をしてきた私の体験談 介護福祉士の体験談 介護職の失敗談~相手の事を考える 介護職の失敗談~失敗からの学び
2017年9月の記事
特別児童扶養手当と発達障害児 障害児の就学~我が家の体験談 障害児の学校選び 子供に合った放課後の過ごし方を! 子供が放課後を楽しく過ごすには?
2017年7月の記事
手話を仕事に活かそう 手話の資格を取る方法 手話は英語だと違うの!?
2017年6月の記事
手話を学ぶ事にしたきっかけ 手話を覚える方法 手話をどこで学ぶ?【独学以外の方法】
2017年5月の記事
サイクリングで筋トレをしよう!  スポーツ吹き矢の健康効果とは 社交ダンスは認知症予防に効果的? 卓球が高齢者に与える効果
2017年4月の記事
ゲートボールは高齢者に大人気!  ウォーキングで健康に! 体操で介護予防を! フラダンスがエクササイズになる!? ボウリングは健康づくりに最適
2017年3月の記事
健康づくり のためのボランティア 高齢者福祉施設への慰問 児童養護施設への慰問 手話のボランティアでスキルアップ! 盲導犬のパピーウォーカーを経験して
2017年2月の記事
ノートテイクで聴覚障害の学生を支援! パソコン を使った点訳のボランティア 病院ボランティア で子供と遊んでみて 高齢者 の見守りボランティアの体験 子供 の学習支援のボランティア
2017年1月の記事
ケアマネージャーは苦労が沢山! ホームヘルパー としての注意点とは? ホームヘルパーの資格を取った方法 介護福祉士 としての酷い失敗談 ケアマネージャー として反省した失敗談
2016年12月の記事
介護 の仕事に就くきっかけをくれた母 療育 に携わりたいと思う理由 介護福祉士 の仕事で求めるやりがい 介護福祉士 は苦労が多く報われない ケアマネージャー として働く魅力とは?
2016年11月の記事
パーキンソン病の発症から介護認定まで 福祉用具は生活に欠かせないもの 義足 だった義父の生活 車椅子 を使う私が一番欲しい福祉用具
2016年10月の記事
介護の相談は介護のプロに! 実母の介護は自分との格闘 介護のストレスを解消するための準備
2016年9月の記事
大変だった息子の小学校生活 ADHDの女子高生の日常生活 通学路と消耗品
2016年8月の記事
発達障害ママの日常 何か違う…気づいた次男の異変 発達障害と共に~それは自分探しの旅 アスペルガー症候群と知ってから
2016年7月の記事
私と母と、生活保護費の受給 生活保護を受けた祖母 
2016年6月の記事
交通事故で変わった生活と物の見方 車椅子での外出で思うこと 松葉杖での長期生活で感じた事 都内の大病院でのトイレ体験
2016年5月の記事
母子父子寡婦福祉資金貸付で高校入学 ヘルパーさんのサポートを得て ひとり親家庭等医療費助成を利用して
2016年4月の記事
私の健康法はウォーキング! 散歩と油絵などの趣味 定年退職後の新生活 
2016年3月の記事
知的障害者施設での作業ボランティア 児童養護施設での遊びのボランティア 地域での介護指導 特別養護老人ホームでのボランティア
2016年2月の記事
重度発達障害の次男との生活 自閉症児育児は山あり谷あり
2016年1月の記事
私が介護の仕事を始めるまで 介護の仕事から感じたこと
2015年12月の記事
ボランティアで子供を支援! わたしのボランティア活動 傾聴ボランティアを始めて
2015年11月の記事
精神障害者手帳の入手 試して体によかったこと うつ病と散歩 統合失調症から学んだこと
2015年10月の記事
双極性障害と訪問看護師の力 躁うつ病発覚から復帰に向けて 急増中!管理職の“鬱病” 強迫性障害から脱出して得た身軽さ 過労からうつ病になった体験
2015年9月の記事
うつ病の体験 気付けなかったパニック障害 うつ病を経験して 不安神経症から教わったこと
2015年8月の記事
双極性障害を発症して うつの発症から好転まで うつ病と障害者手帳
2015年7月の記事
買い物時の何気ない苦労 道のバリアフリー 初めての一人旅 身近に潜むバリア
2015年6月の記事
子連れでの買い物1 子連れでの買い物2
2015年5月の記事
てんかんと運転免許~前編~ 人生の価値を高める職業 てんかんと運連免許~後編~ 年金受給で残る将来への不安 初めての電動車椅子と青春 衝撃!夜勤中に起きた出来事 ヘルパーの資格を取得~前編~ ヘルパーの資格を取得~後編~ 後見人の苦労話
2015年4月の記事
介護保険を活用しよう 膠原病との戦いの始まり 介護サービスを受けるという事 おしゃれな杖で出掛けよう♪ 災害時の障害者対応
2015年3月の記事
老老介護の負担を軽く 介護施設について思うこと 刺激になったショートステイ
2015年2月の記事
自立に向けて 問題点だらけの生活保護 祖母と孫と生活保護 生活保護受給までの道のり 生活保護受給で楽になったこと 祖母の一人暮らし 期間限定!生活保護受給
2015年1月の記事
安心して働ける工夫 放課後、どう過ごさせる? 我が家の子供たち三人の日常 沢山の支えがあって 「小1の壁」を乗り切ろう 両親の協力を得て