ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 記事 > パソコン を使った点訳のボランティア

パソコン を使った点訳のボランティア

HN:ゆきこ

パソコン点訳01

パソコン を使った点訳のボランティアをしている私。


その体験談をお話ししたいと思います。

スポンサードリンク

パソコン での点訳に挑戦!

パソコン での点訳というものに出会ったのは、本当に突然のことでした。


何かボランティア活動をしてみたいと思っていた時に、パソコンを使っての点訳というボランティアを見つけ、試しにやってみることにしました。


パソコンを使った作業なので、少しは簡単かなと思っていたのですが、これが予想外に大変なもので基本を覚えるだけでもかなり苦労をするものだったのです。


最初は自動的に点字に変換されるので、文字を入力するだけでいいのかなと考えていただけに、こんなにも手間のかかる作業なのかと驚いてしまいました。


続けていけるのかどうか、一気に不安になりました。


それでも、昔は直接一点一点紙に点を打っていたといいますから、その時代から比べればずっと楽になったということだったので、頑張って続けていくことにしました。

初めて分かった点訳の大変さ

パソコン点訳02

点字には、漢字がありません。


そのため、たとえ短い文章でも点訳すると膨大な長さになってしまい、作業がとても大変になります。


それが、実際にパソコンでの点訳のボランティアをして感じたことです。


加えて、もし間違いがあった際にパッと見てどこが間違っているのかということがわからないため、校正するのが簡単ではありません。


ルールが分かってしまえば、それほど難しいものではないと言われますが、点字そのものに慣れないうちは、ルールを覚えることさえ一苦労です。


大変な作業だと思う一方で、目の見えない人たちは、自分よりもずっと大変な環境で生活しているわけですから、それから比べれば点訳の作業はどれほど楽なことだろうかとも感じています。


目の見えない人からすれば、仮に目が見えるのであれば点訳の作業をすることぐらい、何の苦はなくいくらでもできるのではないかと思ったのです。


そのように考えれば、大変な作業であっても頑張ろうという気になって、続けていく気力が湧いてきました。

パソコンでの点訳ボランティアをして良かったと感じた瞬間

パソコン点訳03

それでも最初にうちは、モチベーションの維持をするのがなかなか大変でした。


でも、自分が点訳したものを目の見えない方が読んでくれた時は、パソコンでの点訳のボランティアをして本当に良かったと感じました。


目の見えない人が自分が行った点訳を通じて、手で文章を読んでそれを楽しんでもらえたという事で人の役に立っていると実感して、感動したのです。


自分にできることはほんの些細なことで、どれだけの人に貢献をすることができているのかわかりません。


それでも僅かな人数であっても、その人たちに対して何かを伝えることができ、それで感謝をされると嬉しいものです。


点訳の作業は今でも続けていて、多少慣れたとはいってもやはり大変な部分は多いです。


とはいえ、点訳のボランティアを始めたばかりの頃とは違い、点訳したものを手にとってくれた人が喜んでいる姿を思い描きながら、今ではやりがいを持って作業をしています。

不足している点訳ボランティア

様々な本や資料などは、最初から目の見えない人が読める状態にはなっていません。


目からの情報を得られない人たち向けとされている録音図書なども数に限りがあります。


普通の文字で書かれている読み物も点訳をすれば、目の見えない人も読むことができます。


たとえば、新聞が読めなくても、その日のニュースはテレビの副音声やラジオなどでも知ることができるでしょう。


でも、特に『読書』ということに関しては、目が見えないのを理由に、読書の楽しさを味わうことを諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。


  • 人気の漫画本が読めない
  • 友達から薦められた小説が読めない

目の見えない人にとって、このようなことは日常茶飯事でしょう。


世の中に出回っている本がすべて点訳されているわけではありませんし、ピンポイントで読みたいと思った本が点訳されている率も、それほど高くはないでしょう。


そうなれば、もし私だったらその時点で、読書意欲そのものが失せてしまいます。


点訳の作業が大変ということは身に染みて分かりましたが、目が見えない人も読書を楽しめるようにするには、より多くのパソコン点訳のボランティアが必要です。


ボランティアの人数が絶対的に不足している現在。


そんな中で、まずは点字に一人でも多くの人に少しでも興味を持ってもらい、点訳の重要性について分かってもらえるような活動をしていくことも、私たち点訳ボランティアをしている者の大切な役割だと考えています。


私の体験談を読んでいただき、点訳というものがあるんだ……と、知るきっかけになってくれたら嬉しく思います。


筆者情報 筆者「ゆきこ」
■ゆきこ

パソコンを使うなら簡単かも……と思い、始めた点訳のボランティア。
そう甘くはありませんでした。



スポンサードリンク

スポンサードリンク
記事
2017年11月の記事
幼稚園と保育園…発達障害児の場合  発達障害の子供と療育の大切さ 発達障害?我が子の言動にみる兆候
2017年10月の記事
訪問介護の仕事をして 福祉の仕事をしてきた私の体験談 介護福祉士の体験談 介護職の失敗談~相手の事を考える 介護職の失敗談~失敗からの学び
2017年9月の記事
特別児童扶養手当と発達障害児 障害児の就学~我が家の体験談 障害児の学校選び 子供に合った放課後の過ごし方を! 子供が放課後を楽しく過ごすには?
2017年7月の記事
手話を仕事に活かそう 手話の資格を取る方法 手話は英語だと違うの!?
2017年6月の記事
手話を学ぶ事にしたきっかけ 手話を覚える方法 手話をどこで学ぶ?【独学以外の方法】
2017年5月の記事
サイクリングで筋トレをしよう!  スポーツ吹き矢の健康効果とは 社交ダンスは認知症予防に効果的? 卓球が高齢者に与える効果
2017年4月の記事
ゲートボールは高齢者に大人気!  ウォーキングで健康に! 体操で介護予防を! フラダンスがエクササイズになる!? ボウリングは健康づくりに最適
2017年3月の記事
健康づくり のためのボランティア 高齢者福祉施設への慰問 児童養護施設への慰問 手話のボランティアでスキルアップ! 盲導犬のパピーウォーカーを経験して
2017年2月の記事
ノートテイクで聴覚障害の学生を支援! パソコン を使った点訳のボランティア 病院ボランティア で子供と遊んでみて 高齢者 の見守りボランティアの体験 子供 の学習支援のボランティア
2017年1月の記事
ケアマネージャーは苦労が沢山! ホームヘルパー としての注意点とは? ホームヘルパーの資格を取った方法 介護福祉士 としての酷い失敗談 ケアマネージャー として反省した失敗談
2016年12月の記事
介護 の仕事に就くきっかけをくれた母 療育 に携わりたいと思う理由 介護福祉士 の仕事で求めるやりがい 介護福祉士 は苦労が多く報われない ケアマネージャー として働く魅力とは?
2016年11月の記事
パーキンソン病の発症から介護認定まで 福祉用具は生活に欠かせないもの 義足 だった義父の生活 車椅子 を使う私が一番欲しい福祉用具
2016年10月の記事
介護の相談は介護のプロに! 実母の介護は自分との格闘 介護のストレスを解消するための準備
2016年9月の記事
大変だった息子の小学校生活 ADHDの女子高生の日常生活 通学路と消耗品
2016年8月の記事
発達障害ママの日常 何か違う…気づいた次男の異変 発達障害と共に~それは自分探しの旅 アスペルガー症候群と知ってから
2016年7月の記事
私と母と、生活保護費の受給 生活保護を受けた祖母 
2016年6月の記事
交通事故で変わった生活と物の見方 車椅子での外出で思うこと 松葉杖での長期生活で感じた事 都内の大病院でのトイレ体験
2016年5月の記事
母子父子寡婦福祉資金貸付で高校入学 ヘルパーさんのサポートを得て ひとり親家庭等医療費助成を利用して
2016年4月の記事
私の健康法はウォーキング! 散歩と油絵などの趣味 定年退職後の新生活 
2016年3月の記事
知的障害者施設での作業ボランティア 児童養護施設での遊びのボランティア 地域での介護指導 特別養護老人ホームでのボランティア
2016年2月の記事
重度発達障害の次男との生活 自閉症児育児は山あり谷あり
2016年1月の記事
私が介護の仕事を始めるまで 介護の仕事から感じたこと
2015年12月の記事
ボランティアで子供を支援! わたしのボランティア活動 傾聴ボランティアを始めて
2015年11月の記事
精神障害者手帳の入手 試して体によかったこと うつ病と散歩 統合失調症から学んだこと
2015年10月の記事
双極性障害と訪問看護師の力 躁うつ病発覚から復帰に向けて 急増中!管理職の“鬱病” 強迫性障害から脱出して得た身軽さ 過労からうつ病になった体験
2015年9月の記事
うつ病の体験 気付けなかったパニック障害 うつ病を経験して 不安神経症から教わったこと
2015年8月の記事
双極性障害を発症して うつの発症から好転まで うつ病と障害者手帳
2015年7月の記事
買い物時の何気ない苦労 道のバリアフリー 初めての一人旅 身近に潜むバリア
2015年6月の記事
子連れでの買い物1 子連れでの買い物2
2015年5月の記事
てんかんと運転免許~前編~ 人生の価値を高める職業 てんかんと運連免許~後編~ 年金受給で残る将来への不安 初めての電動車椅子と青春 衝撃!夜勤中に起きた出来事 ヘルパーの資格を取得~前編~ ヘルパーの資格を取得~後編~ 後見人の苦労話
2015年4月の記事
介護保険を活用しよう 膠原病との戦いの始まり 介護サービスを受けるという事 おしゃれな杖で出掛けよう♪ 災害時の障害者対応
2015年3月の記事
老老介護の負担を軽く 介護施設について思うこと 刺激になったショートステイ
2015年2月の記事
自立に向けて 問題点だらけの生活保護 祖母と孫と生活保護 生活保護受給までの道のり 生活保護受給で楽になったこと 祖母の一人暮らし 期間限定!生活保護受給
2015年1月の記事
安心して働ける工夫 放課後、どう過ごさせる? 我が家の子供たち三人の日常 沢山の支えがあって 「小1の壁」を乗り切ろう 両親の協力を得て