ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 様々な制度 > 厚生年金 > 加給年金

加給年金

加給年金は、妻が65歳になるまでもらえる年金ですが、共働き期間が長いと受給することはできません。65歳になると、受給できなくなる制度です。

スポンサードリンク

20年以上加入

老齢厚生年金には加給年金という、年金の家族手当のような制度があります。受け取れる条件は以下の通りです。

  • 厚生年金に20年以上加入
  • 生計を維持している(年収850万未満)65歳未満の配偶者か、18歳の年度末までの子供、または障害等級1~2級の20歳未満の子供がいる

※加給年金は、特別支給の老齢厚生年金を受け取る際に上乗せされます。老齢基礎年金のみ、報酬比例部分のみの期間等では上乗せされません。
※受け取れる金額は昭和18年4月2日以降に生まれた方で約33,000円です。


受給できないケース

夫婦、散歩

加給年金は、生計を維持している配偶者がいる場合に支給されますが、配偶者も厚生年金や共済組合に20年以上加入している場合、老齢厚生年金(退職共済年金)の受給開始をすると、加給年金は受け取ることができなくなります。

特例で
もらえないことも

配偶者が20年以上厚生年金に加入していると加給年金が支給されませんが、20年に満たなくても、加給年金がもらえない場合があります。男性40歳、女性35歳以降の厚生年金の加入期間が以下に当てはまる場合は、表にある年数で要件を満たしてしまいます。

男性40歳・女性35歳以降の厚生年金加入期間
昭和22年4月1日生まれ 15年
昭和22年4月2日~昭和23年4月1日生まれ 16年
昭和23年4月2日~昭和24年4月1日生まれ 17年
昭和24年4月2日~昭和25年4月1日生まれ 18年
昭和25年4月2日~昭和26年4月1日生まれ 19年

※配偶者が障害基礎年金、障害厚生年金、障害厚生年金を受けるときも加給年金は支給されません。また、配偶者が死亡したり、離婚した場合も加給年金は停止されます。


配偶者が65歳になったら

配偶者が65歳を迎えると、加給年金はストップします。65歳になると配偶者は老齢基礎年金を受け取ることになりますが、加給年金がストップする代わりに、同額ではありませんが、振替加算が上乗せされることになります。



スポンサードリンク

スポンサードリンク
様々な制度(さまざまなせいど)
障害者手当て
特別障害者手当て 障害児福祉手当 特別児童扶養手当 心身障害者福祉手当 在宅重度心身障害手当
補助金・助成金
リフォーム:バリアフリー 自動車:燃料費・改造費・自動車運転教習費助成 有料道路割引制度 障害者控除 NHK放送受信料の免除 特定疾患医療費助成 人工肛門・人工膀胱用装具購入費助成 心身障害者家具転倒防止器具取付費助成 身体障害者福祉電話料金助成 重度心身障害者医療費の助成 自立相談支援・生活保護
介護・介護サービス
補装用具の支給 日常生活用具の支給 住宅設備改善費の支給 心身障害者(児)紙おむつ支給 緊急通報システム 重度脳性まひ者介護
国民年金
老齢年金-基礎年金 上乗せ給付 振替加算 遺族基礎年金 遺族基礎年金-失権・支給停止 寡婦年金
厚生年金
老齢年金-厚生年金 基礎年金の繰上げ 加給年金 遺族厚生年金 産前産後の保険料免除
共済年金
退職共済年金 遺族共済年金
障害者年金
障害基礎年金 障害共済年金 特別障害給付金制度
その他の年金
離婚分割 労災年金
税金
自動車税・自動車取得税の減免 障害者控除~対象者 障害者控除~税金
乗り物・公共施設
タクシーチケット・福祉タクシー券・JR・旅客運賃 文化施設等の使用料