ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 介護 > 在宅介護 > 夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護

夜間対応型訪問介護は、利用者が昼間だけではなく、夜間も訪問介護を受けられることで、安心して生活が送ることができるように設けられているサービスです。地域密着型サービスですので、サービス事業者の該当地域にお住まいの方でなければ利用できないサービスです。

スポンサードリンク

利用できる方

夜間対応型訪問介護を利用できるのは、要介護1~5の認定を受けている方です。要支援1、2の方は利用することができません。


夜間対応型訪問介護の種類

夜間対応型訪問介護にはサービスが2種類あります。

定期巡回 定期的に18~8時まで訪問し、排泄介助、安否確認などを行います。
随時対応 ベッドから落ちた、夜間に体調が悪くなったなど、いつでも介護員を呼んだり、救急車を代わりに呼んでもらったりします。
就寝中の高齢者

この他、オペレーションセンターを設置している場合では、利用者の環境、心身の状況などをあらかじめ把握し、夜間に利用者から連絡があった際には、その内容をもとに緊急訪問すべきかどうか、救急車を呼ぶべきかどうかを判断します。
専用端末を設置することで、ボタンのみでオペレーションセンターにつなぐことができ、高齢者でも簡単に操作できるようになっています。テレビ電話を使用している事業者が多く、顔を見ながら話せるため、オペレーターが状況を判断しやすくなっています。


利用料金

各地域でサービスの内容が異なる地域密着型サービスとなりますので、事業者や地域によって、サービス内容、料金が異なります。

オペレーションセンターサービスなし 1月 あたり2,775円
オペレーションセンターあり 定期巡回サービス 1回 383円
随時訪問サービス 訪問介護員1人 1回 583円
訪問介護員2人 1回 785円
緊急時用専用端末設置 1月 1,006円


スポンサードリンク
スポンサードリンク
介護(かいご)
介護するということ
認知症対策 介護予防サービス 介護サービス 要介護認定・要支援認定 介護保険【介護サービスに必要な介護保健】
在宅介護
デイサービス 夜間対応型訪問介護 訪問介護
介護施設
グループホーム 特定施設入居者生活介護 介護療養型医療施設 老人保健施設 特別養護老人ホーム
介護者
家族介護慰労金 介護休暇 高齢者虐待防止