ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 介護に関する問題や老老介護サービス

介護について

「介護」は、高齢者に対して行う行為と思われがちですが、高齢者だけではなく、病人、障害者の生活支援をすることも介護なのです。
介護する側もさえる側も、お互いが思いやりと感謝の気持ちを持つことが、介護の秘訣とも言えるでしょう。

介護は介護保険を賢く活用しましょう

介護問題

介護に関する問題

家族に介護が必要になると、誰が介護するのか問題になる場合があります。


舅姑の介護をお嫁さん1人がするのではなく、家族皆が協力しあって介護するのが理想ですが、理想通りにいかないのもまた現実です。


介護を何もかも自分でやろうとするのには、無理があります。

現在は介護保険制度も整い、介護する側もされる側も、気持ちよく介護できるようになっていますので、使えるサービスはどんどん利用しましょう。
介護で大切なのは、相手を思いやる気持ち、相手に感謝する気持ちです。


老老介護

老老介護の問題

老老介護は、最近よく耳にする言葉です。家庭の事情により、高齢者が高齢者の介護をしている状態のことで、高齢化社会の問題の一つとも言えるでしょう。


高齢の夫婦、親子、高齢の兄弟、姉妹などの関係で、お互いが高齢にも関わらず、介護をしている状況です。

近くにアドバイスしてくれる人もいないため、様々な制度を知らないことも多く、家族共倒れになってしまったり、介護疲れによる悲しい事件が起きていることも事実です。


認認介護

認認介護。聞きなれない言葉かもしれません。老老介護をしていて、介護される側が認知症になり、やがては介護する側も認知症になってしまい、介護ができなくなってしまうものです。
認知症対策については


老老介護をしている家庭では、起きないとは言えない問題です。こうなると第三者の介入が必要になりますが、家庭内のことなので、身内以外は立ち入りにくい問題となっています。
こうならないためにも、事前に介護や福祉サービスのことをしっかりと把握しておく必要があるでしょう。


誰もが年々歳を重ねます。介護問題は避けて通れない現実なのです。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
介護(かいご)
介護するということ
認知症対策 介護予防サービス 介護サービス 要介護認定・要支援認定 介護保険【介護サービスに必要な介護保健】
在宅介護
デイサービス 夜間対応型訪問介護 訪問介護
介護施設
グループホーム 特定施設入居者生活介護 介護療養型医療施設 老人保健施設 特別養護老人ホーム
介護者
家族介護慰労金 介護休暇 高齢者虐待防止