ページトップへ
ページ最下段へ
福祉総合サイト「ハピネス」 知ることから始めよう、快適な社会作り。

HOME > 児童福祉の制度を活用することで少子化対策にも

児童福祉

児童とは、18歳に満たない子供のことを指し、児童福祉は児童に対して行われる福祉サービスのことを言います。
母子家庭や障害児、孤児など、支援を必要としている児童が健全に育ち、更には子供を産み、育てやすい社会環境を整えることを目的としています。

児童が健康に育つ社会環境が大切です

児童の定義

児童の定義

児童というと、小学生のような小さな子供をイメージしがちになるものですが、制度によっては「児童」と定義する年齢が異なっていることをご存知ですか。


児童福祉法では、「満18歳に満たない者」を児童と定義しています。


少子化対策

少子化対策

中国で一人っ子政策が取られている反面、日本では高齢化社会、少子化が問題になっています。


少子化については、様々な要因があるでしょう。


晩婚化が進み、子供を望まない夫婦の増加、雇用形態からの経済的不安から、一人っ子、もしくは子供を作らない夫婦など、安心して子供を産み、育てられない社会環境にも問題があるのかもしれません。


育児休暇が取りにくく、出産前に退職しなければいけない企業も少なくありません。
また、子供を預けて職場復帰したくても、保育所に入所することができず、待機児童の多さも問題となっています。 これらの問題をクリアにしていかなければ、少子化に歯止めをかけることは難しいかもしれません。


政府は少子化問題を重く受け止め、次世代育成支援対策推進法を施行し、国や自治体だけではなく、企業も子育てをしやすい環境を作るべく、その債務を負わなければならないとしています。


スポンサードリンク
スポンサードリンク
児童福祉(じどうふくし)
医療費
ひとり親家庭等医療費助成 育成医療 小児慢性特定疾患医療費助成
様々な手当て
遺児手当 障害児福祉手当・特別児童扶養手当 児童手当・児童扶養手当
母子家庭への制度
母子家庭の減免・割引制度 母子生活支援施設
児童福祉窓口
児童福祉施設 児童相談所 児童委員